てぬぐい、京都行ってきました!

c0163838_2029311.jpg
バンドとしてのはじめての遠出ライブから、無事帰って参りました!
1日目…雨、2日目…晴れ、3日目…曇りのち雨と、めまぐるしい天候の変化に翻弄されながらも、本当に楽しい滞在でした。

初日、時代劇ファンとしてここだけは絶対、、!と思っていた「京都太秦撮影所」に、雨の中市バスを乗り継ぎ行ってきました。
c0163838_20334961.jpg
いやー、また江戸市中の長屋に雨が似合うんですよね!!! 気持ちは、擦り切れた木綿の着物を丈短く着て破れた番傘をさした職人の女房でした。
c0163838_20504645.jpg
撮影に使う小物もあちこちに置いてありましたよ。観光できるところは長屋群、吉原、両国あたりの繁華街、商人町でしたが、できれば八丁堀の組屋敷や大名屋敷も見たかったなー。

私はこの京都太秦で、ひとつ偉業を成し遂げています。時代劇カルトクイズに全問正解し、記念品をいただきました! 全問正解はめったに出ないそうです。数ヶ月前の「時代劇専門チャンネルファンの集い」にて時代劇クイズに大惨敗しているので、自信を取り戻しました。
で、そのいただいた記念品がコレ
c0163838_20564966.jpg
私はどうしてもこれの使用法がわからなくて、晩ご飯のときバンドのITさんやMNさん、京都在住YSさんに訊いてみたところ、皆は「パッチンどめ」だと。この映画村キャラ・又旅カラスのカチン太を頭にかざすわけ!?と思いながらも、それしか考えられないので、そうかそうかとしまおうとしたら、YSさんボゾリと
「え、皆さんボケてはんのとちがったんですか…?」

YSさんは、わかっててふざけているのだと思ったそうです。正解は「食べかけのお菓子の口を閉じておく器具」

そんなん東京でみたことない! ちゃんと教えてくれてありがとう。あやうく前髪とめて出かけるとこでした。
c0163838_2163591.jpg
その日は出町柳のゲストハウストンボというとこに宿泊し、早朝宿の目の前を流れる鴨川を横切る、巨大な飛び石を渡りに。MNさん、ポッケに手を突っ込んだまま飛んだら危ないから!
c0163838_218426.jpg
でも、だれがこんなしゃれた飛び石を設置したんでしょう。四角いのと、大きなカメと、千鳥の形のがあります。
c0163838_2195294.jpg
亀石の途中から下鴨神社の三角州に上陸。ITさんはかっこがユルすぎて地元民に見えますね。

3日通していろいろ楽しかったけど、なぜか写真が残っているのがこの何でもない時間のみ。
もっといろいろ撮ればよかったな。

でもこれだけは撮りました。yugueの演奏場所です。とてもすてきな空間でした。
c0163838_21153768.jpg
このお店の水餃子のおいしさが忘れられません・・!また行きたいです。
[PR]
# by teneacco | 2012-03-07 21:21

てぬぐい さらに西へ!

c0163838_1005178.jpg
結成9年も経つにもかかわらず、ずっと東京の西でちまちまと活動してきたてぬぐいですが、このたび京都在住のミュージシャン川手直人さんの企画で、京都で演奏できる運びとあいなりました!!
お近くにお住まいのみなさん、ぜひぜひ3月3日、京都下鴨のカフェ「yugue(ユーゲ)」にお越し下さい。その日、鴨川では流し雛があるそうですよ。
c0163838_1065399.jpg

[PR]
# by teneacco | 2012-02-22 10:05

こくちがちこく

本日、2月11日に、阿佐ヶ谷の小粋な喫茶「よるのひるね」で
てぬぐいのライブがあります。
(7時オープン 1800円 他に「くらげあし」出演)
当日の告知となってしまいましたが、もし!万が一金田一!
お時間ありましたら是非お越し下さい。
c0163838_314460.jpg

[PR]
# by teneacco | 2012-02-11 03:02

うそかえ神事

一度行ってみたいと思っていた、亀戸天神の「うそ替え神事」に行きました!
c0163838_10162222.jpg
「鷽」(うそ)という小鳥を模した木彫りの縁起物を売り出す行事です。出店がたくさん並ぶだるま市などと違い、制作するのも配布するのも神官や巫女さんたちだけ。昼過ぎにのんきに出かけたのですが、去年買った木彫りを「替え」てもらおうとする参拝者の長蛇の列……40分くらい並んで、やっと買うことが出来ました。
c0163838_10211186.jpg
大きさがいろいろあり、古い木彫りは納札所におさめて帰ります。その納札所で会ったおじいさんによると、まず小さいのを買って、だんだん大きいのに買い替えていくものらしいです。江戸の頃には、一年祀った木彫りを手に境内に集まり「替えましょう〜替えましょう〜」と言いながら練り歩き、見知らぬ人の木彫りと交換して帰る神事だったとか。

で、調べてみると、各地の菅原道真公ゆかりの神社(つまり天神や天満宮)で、うそかえ神事やうそかえ祭りをやっているのですねー

c0163838_11114878.jpg
↑都内では湯島天神。木の皮が残されていて、なかなかのデザインです。
c0163838_1162771.jpg
↑こちら本家本元、福岡の太宰府天満宮。目つき鋭く、うしろ髪が激しくカール。
c0163838_1030344.jpg
↑こちらも目つき鋭い系、福島の高畑天満宮。ワシタカ類っぽいですよね。
c0163838_1172012.jpg
↑カール系、熊本は登立菅原神社。空間に手なりで目を描写するタイプは難しそう。
c0163838_11152517.jpg
↑こちら素朴を突き抜けてワールドワイドな呪術性を感じさせる、香川の滝宮天満宮。
c0163838_10404217.jpg
で、これが本物の「鷽」。なんと品のよい色の取り合わせなのでしょう。

なぜ「鷽」をモチーフにしているのかは諸説あるらしいのですが、鷽を嘘とかけて、悪いことを嘘に替えて福を呼ぶ、去年ついた嘘の罪滅ぼし、というのが有名のようです。学問の神様・道真公との関係は「鷽」の字が旧字体の「学」の字と似ていることからとか。わかるようなわからないような……。でも鳥モチーフ好きにとってはありがたいキャスティング!
c0163838_10534412.jpg
縁起物なのに雑貨扱いしてすみません。やっぱりもっと高い場所に神棚チックに飾った方がいいかな。
[PR]
# by teneacco | 2012-01-30 11:00

好きです☆時代劇

c0163838_10303972.jpg
ケーブルテレビに入っているので、洋画邦画も韓国ドラマもドキュメンタリーも、なんでも観られるのに、うちはいつだって「時代劇専門チャンネル」がメインです。

で、先日抽選で当たった「時代劇専門チャンネル2012ファン感謝祭」なるイベントに行ってきました。(応募しといてなんですが)内心「人、集まるのかなぁ・・?」と思っていたのですが、会場に着いてみれば、オープンの何時間も前から長蛇の列が出来ていた模様。やはりお年な方が多かったのですが、皆の静かな熱気に押され気味な私でした。

意外だったのは、8割方が男性だったということ。入場待ちの列の前も後ろも2、3人連れのおじいさんだったのですが、みんな剣客商売や鬼平の話をしていたので、池波ファンが多いようです。
イベント内容は、時代劇専門チャンネル企画・制作の本格時代劇「熊五郎の顔」(シネルックでなく本当にフィルムで撮影!!)の上映会、主演の寺島しのぶさんのトークショー、クイズ大会、京都撮影所から来た役者さんによる殺陣ショーなどなど、、。

「熊五郎の顔」には、最近ファンになった中村梅雀さんも出ていて、とても良い作品でした。
てぬぐいITさんに中村梅雀さんが好きだって話をしたら、有名なベーシストでもあると教えてくれてビックリ! アルバムも出ているとか! 探す!!
[PR]
# by teneacco | 2012-01-25 10:50