<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

たぬきがでた!

c0163838_23561828.jpgと思ったら違いました。ハクビシンというジャコウネコの仲間でした。うちの近くの路上で見かけ、しばらくしたら幅5センチもない高い塀の上で夕涼みを・・・。なんかタヌキらしくない行動だったので調べてみたら、ハクビシン。こんなに大きいのに、屋根裏に住んだりするらしいです。

明日金曜日から日曜日まで、関西方面に行ってきます! 「小鳥ならば」を扱ってくださっている大阪「itohen」さんと、京都「恵文社」さんにご挨拶してきます。すてきなショップだと評判の2店にうかがうの楽しみ〜! あとどこかで「茅の輪くぐり」やってないかな。今年まだくぐってないから夏が心配・・・。
[PR]
by teneacco | 2009-06-26 00:04

彼の名前は「しんご」&ライブのお知らせ

道を歩いていたら、すごいものが落ちててびっくりしました。信号機です。
c0163838_29175.jpg
ちょうど今この町の信号機の付け替えが行われているのです。しかし新型LEDドット信号に変わってみると、旧式のやつが突然レトロに見えてくるから不思議です・・。
c0163838_2133036.jpg
↑まじまじ見てみると、アンティークなシルエットのスーツ着てますね。シャッポなんかもかぶってるし・・。いまどきこんな格好してるの、おしゃれジャズバンドの人くらいでしょう?
c0163838_217094.jpg
↑ニュー・しんごくんはポップな雰囲気。でもじつは彼も伝統を引き継ぎ、いちおう帽子をかぶったデザインです(写真だとわかりづらいですが)。日本人が外出のときに半分実用・半分マナーとして帽子をかぶっていた時代なんて、ほんの短い間だったと思うけどなあ。
c0163838_2232841.jpg
・・なんてこと考えながら歩いていたら、今度は自販機が落ちていた!! 

さて信号機や自販機が落ちる今日この頃ですが、14日の日曜日「ニュートレド マドモアゼルミュゼット」のライブにアコーディオンで参加いたします。梅雨の入り口のジメジメをふっとばす謎の宮廷音楽を聞きに、是非お越し下さい!

■6/14(日)
江古田フライングティーポット

ニュートレド・マドモアゼル・ミュゼット
竹田和也 (violin & composition)
一柳敦子 (accordion from tene-guit)
佐藤しずえ (trombone)
萬年将人 (steel pan from パノラマスチールオーケストラ)
448 (bass from DaKaTz)

W/「赤組いくぞ!」「青組いくぞ!」(瀬戸一成ユニット from 関西)、
Metal France(橋本剛秀バンド)
[PR]
by teneacco | 2009-06-13 02:35

[小鳥各位 托卵にご注意下さい]

ゆうべおそく、なんと外から高らかに「キョッキョッ、キョッキャキョキュ・・」とホトトギスの声が。 カッコウ目の仲間(カッコウ、ホトトギス、ツツドリなど)は、よその巣に卵を生んで育てさせる「托卵」という習性があります。巣作りの季節だし、生み落とす先を探しにきたのか・・。なぜそんなことをするのか、はっきりとはわかってないそうです。

それにしたってなぜ仮親は気づかないんだろう!? と思って調べたら、長年托卵されてきたホオジロあたりはすでに「・・ん〜?」と気づきはじめているらしいのです。それで、ターゲットを別の小鳥に変えているとか。巣を作るのが苦手なのかな。鳥の中にはハタオリドリやニワシドリなど、工芸品のように精巧な巣を作る鳥もいるというのに・・。それはそれで自然の摂理にのっとった習性なんでしょうが。
c0163838_22494479.jpg
それにしてもカッコウ、ホトトギス、特にツツドリの鳴き声の、なんと優美で悲しげなことでしょう。ほんとは子どもに会いたいのかもしれない。
ひさうちみちおさんの漫画に『托卵』という名作があります。国を持たず放浪するカッコウと呼ばれる民の、悲しいお話。
[PR]
by teneacco | 2009-06-05 22:58