<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

誰か私のススもはらってくれー!by街道招き猫

c0163838_8561423.jpg
近所の大通り沿いのケースに鎮座まします招き猫は、年々ホコリが積もっています。密閉されてるように見えるガラスケースにも隙間があるんですねー・・・
今年もいよいよ押し迫りました。来年は早々に(18日の日曜日、阿佐ヶ谷で)ずいぶん久しぶりにてぬぐいライブやります。今回はスティールパン奏者の萬年氏をお迎えしての3人編成。年明けに詳しくお知らせいたします!
c0163838_912643.jpg
みなさま、新しい年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by teneacco | 2008-12-30 09:04

ケーキじゃなくて

青色薄幸大黄土のせいで、どこのクリスマス電飾もやけに青くて寒々しいです・・。
べつに特別な料理もない晩ご飯でしたが、イブということでお食後がつきました!
c0163838_285898.jpg
私もはじめて食べる「ぺこちゃん焼き」。まつげまで凹凸で表現されてて芸が細かい!
c0163838_2104723.jpg
光線の加減では非常にまがまがしい感じになります・・
[PR]
by teneacco | 2008-12-25 02:17

MSM先生あらわる!

ついに「雀の小藤太 鳥歌合絵巻」全図の複写、読み下し本のコピー(といっても現代語訳にあらず現代仮名使い表記のみ)が手元に揃いました! 揃ったは揃ったんですが・・
c0163838_1773820.jpg
絵巻に書き込まれた、英語の方がまだ分かるくらいの美麗かつ意味不明な筆文字のよこに、読み下し本から該当部分と思われる箇所を(ほとんどカンで)探りながら「さ れ は か た し け な く も し や か あ み た は わ れ ら こ と き の む え ん を た す け ん た め に ・・」と、これまたさっぱりな謎の文章をひたすら書き込む作業もなんとか終えました。同じ国の文字と言葉に違いないはずなのに・・・
ああ高校のときの古文の高橋先生、私はいまサボった日々を絶賛後悔中です!

でも他の言語のみなさんにも、こういう現象あるのかなあ。「たかだか何百年前のことなのに、文字ひとつ読めないよ・・」みたいなココロもとなさ。

そこで先週、頼みの綱である「若き江戸文学研究者でありギタリスト」MSM先生に、師走のお忙しい中ムリをいって会っていただきました!!
静かな喫茶店で小藤太の複写をひろげたとたん、さすが・・スーラスラ読んでいかれる! かっこよすぎて拝みそうになりました。しかし分量が半端じゃないので、MSM先生の頭脳に甘えるばかりにもいきません。そこは先生もよくお分かりだったようで(というか全部訳させられちゃかなわん、と)全体をつらつら見たあと、どういう辞書・文献に依ればよいか細かく教えてくださいました。今後、模写の下絵を進めつつ、角川や岩波の古語大辞典と格闘することになりそうです。ありがたいことに、ほとんどのものが図書館においてあるそうです。
といっても、模本の画面は文字は入れ込まず絵のみで構成するつもりでいるのですが。内容知らないことには絵の意味すら分からないので、ここは辞書引きまくってがんばる所存です!

その後MSM先生といろいろお話したのですが、ご専門の江戸中期の話になると、まるで「そーそー昨日吉祥寺でさ〜」くらいの身近さで江戸の暮らしのあれこれをお話し下さったのが印象的でした。
c0163838_17445244.jpg
そして帰りぎわ、私はカバンからそっとコピー一式をもう一部取り出し「もし行き詰まったりどうしてもわかんない箇所が出たら、連絡するかもです!これ持っといてください!」と押しつけるというド厚かましさを発揮。どこまで頼り体質なんだ!
[PR]
by teneacco | 2008-12-18 17:50

カゼ菌反撃、のち内視鏡、のちミッケ!!

前項で、「いえーい風邪に大勝利!」みたいなことを書いた私ですが・・。
c0163838_12315197.jpg

言いにくいんですけど、勝利したと思ったのは気の迷いで、その翌々日あたりから風邪菌野郎の猛反撃をくらっておりました。熱はそれほど出なかったものの、ノドが盛大に腫れ、咳が止まらず、近所の耳鼻咽喉科に駆け込んだものです。

そしたらノドの奥が炎症を起こしてるとかなんとかで、なんと鼻から内視鏡をグイグイ入れて首あたりのノドを検査するはめに! しかし意外なことに、ぜんぜんオエッとならない。これは・・・新宿駅に看板の出てる「鼻から胃カメラ、いいかも!」みたいな内科医院のポスターも、あながちウソじゃなさそうですよ。

ただ、そのあと困ったことが起きました。鼻のにおいセンサーがまったく機能しなくなってしまったのです。風邪のせいなのか、内視鏡入れるときにかけた麻酔のせいなのかは定かじゃありませんが、これには困った! においのない世界。これはかなり色あせています。まず連動して舌が効かないし。大好きなおしるこを作って無味無臭にしか感じなかったときには、涙が出ました。・・そんなときに作るなよ!って話ですが。

しかし10日近くたって、やっと少しずつ元にもどりつつあるようなので、ひと安心。

さて、耳鼻咽喉科の待合室でとってもおもしろい絵本を見つけて、行くたび熱中して見入ってしまい、看護婦さんから名前を呼ばれるのも気づかないほどでした。本のタイトルは「ミッケ!」。いわゆる宝探し絵本なのですが、これがとってもよく出来ている。糸井重里訳の文章も楽しい!「きれいな小鳥なに見てるのかな」「きんいろゴブレットは七つもあるよ」などなど・・
c0163838_1242650.jpg

「ミッケ!」シリーズはたくさんあって、「ミッケ!クリスマス版」を取り合ってハナたれ小僧(耳鼻科だからしかたない)と小競り合いをしたりもしました・・。
[PR]
by teneacco | 2008-12-12 12:53