<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

高熱、のち緑、のちオレンジ

ここんとこずっと熱出したり風邪引いたりしなかったのですが、ノドのイガイガにはじまった不調が昨日とつぜん爆発! 39度に迫る高熱を出しました。体中の全部の関節(あごも!指のふしも!)が悲鳴をあげて、あまりの痛さに身動きも出来ず布団にくるまって、風邪菌vsカラダを必死に応援しました。

で、一晩あけたら平熱に下がってて、カラダが軽ーい! ずれてた骨の位置が元に戻ったような、内蔵を水洗いしたような、なんともすがすがしい気分です。そこで調子にのり(一応あったかい格好をして)恵比寿にでかけて、30日が最終日の勝本みつるさんの個展を見に行きました(リンク)。ずっと先のことのような、ずっと昔のことのような、不思議な気持ちになる勝本さんの美しい緑色の作品世界を堪能したあと、そのままあるいて今度は広尾。
c0163838_23255330.jpg
行かなきゃ行かなきゃと思っていた有栖川公園内の都立図書館へ。模写をもくろんでいる「雀の小藤太 鳥歌合絵巻」の読み下し本を閲覧に来たのです。公園の木々は、夕日を浴びて光るようなオレンジ色。紅葉黄葉橙葉をくぐって図書館に到着、そして入り口の張り紙を見てビビックリ!なんと明日(12月1日)から1ヶ月以上改装のために閉館になるとこだったのです! 
・・ふーっ!間に合った〜。

手続きもろもろすませ、保存庫から出してもらいました。70年代に角川書店から出された絵巻物読み下し本です。持ち出し禁だったので、部分コピーをお願いしたところ「複写の受付は4時半までですよ」と言われ、時計を見ると4時27分! 複写申し込み用紙に読めないような早書きミミズ字で書き込み提出、なんとか受け付けてもらえました。
・・ふーっ!間に合った〜。

家に帰ってコピーをよくよく見れば、絵巻の原文が現代仮名遣いになおしてありますが、現代語訳はされてない。・・まずい全然わかりません! これはやはりミュージシャンにして江戸文学研究者のMSM氏にご登場いただかないと、この先一歩も進めない!
[PR]
by teneacco | 2008-11-29 23:58

マメがいっぱい届きました!

以前「豆料理クラブ」宅配豆料理セットがとどいた喜びをお伝えしましたが、11月分がなかなか届かず(ひよこ豆の収穫が遅れたため)、ジリジリワクワクと待っていたところ、今朝11月分、12月分が合わせて送られてきました! しかもすべてこの秋収穫の新豆!!やったー! 見た目には旧も新もあまり変わりませんが、茹でると香りが全然違います。これで豆スープや煮豆や、一度挑戦してみたかった豆のディップを作って、豆だらけの12月を過ごすぞ。うりゃ。
c0163838_0124854.jpg
左から「とら豆」「きんとき豆」「ひよこ豆」の面々
[PR]
by teneacco | 2008-11-28 00:29

寂寥フィルター

いちばん好きな季節・秋が、あと少しで冬にとって変わられます。
知り合いの映像作家が東ヨーロッパの撮影に行った際、光の色味が日本よりだいぶ黄色がかっていて勝手が違い困惑したという話を聞きました。常に秋の夕方のような感じなんだそうな。そんな光の中で一日過ごすって、どんな感じなんでしょうね。気持ちは落ち着きそうだな・・
夕方から日没まであてなく歩き続け、黄色がかった秋の雰囲気を味わった一日でした。
c0163838_0223455.jpg

[PR]
by teneacco | 2008-11-24 00:24

西荻のカフェでライブでした ♪♪♪

本日土曜日、西荻にあるかわいいカフェ「holon」で現在開催中の「K・スギャーマ博士の植物図鑑 原画展」(期間11月21日〜28日)のオープニングパーティー内で、2ステージ演奏させていただきました。前半はわたくし一柳てぬのソロ演奏で、カヴァー曲を中心に。後半はバイオリンの波多野敦子さんと一緒に、オリジナル曲の世界を展開しました。この場所、このお客さんだったからできた、この夜だけの演奏。聴いてくださったみなさん、ありがとうございます! またどこかでお会いできることを楽しみにしています。
c0163838_191151.jpg
         写真は本文と関係ありません
[PR]
by teneacco | 2008-11-23 01:10

誰も見ない庭 みんな来る庭

このあいだの週末、7月に亡くなった祖母の家の片付けのために帰省しました。きれいに晴れわたって、小さい頃からながめて育った山並みがよく見えます。
c0163838_1331165.jpg
祖母は植物が大好きで、生前いつも日がな一日庭を丹精し、温室で蘭を育てて楽しんでいました。その庭も半年間の主の不在で草ボーボー。でもそのボーボーの中で、こぼれ種から咲いた花やまるまる太ったカラスウリが、それはそれは元気に育っていました。
c0163838_142257.jpg
そしてそこに、ビックリするくらいたくさんの小鳥がやってくるのです。スズメ、ヒヨドリ、セキレイ、ヒタキみたいなやつ、カラみたいなやつ・・山と大きな川に挟まれた村なので、いろんな鳥が次から次へと。足下を見るといろんな虫も。祖母が見たら慌てそうですが、なんか密度の濃い楽しげな庭になっていました。

片付けが一段落したころ、となりの農家のおばさんが「お土産あげるから東京持って帰んなさい」と、カボチャを3つにサツマイモ一袋、それからタモ木から切り取ったばかりのシイタケを50個近くも下さいました。↓アンパンみたいに大きいシイタケ!(しかも味も香りも絶品)
c0163838_252956.jpg
さすがにカボチャとサツマイモは宅急便で送りましたが、シイタケは風呂敷に包んで機内持ち込み。座席の上の物入れにそうっと入れたのですが、スチュワーデスさんが他の人の荷物を入れるためにシイタケの包みをギュウギュウ押したので、私は思わず「あっ!それ!シイタケなんでっ!」と叫んでしまい、いらぬ注目をあびてしまいました・・。
[PR]
by teneacco | 2008-11-20 02:18

マメ球ふくろうがやってきた!

前々回に書いた「西荻骨董好きまつり」で、私はある電気スタンドに心奪われました。が、今の私にはちょっと手が出ない金額だったので泣く泣くあきらめ、それでも会場をまわりながらしょっちゅうそのブースに立ち寄り、電気スタンドをながめたりなでたりしたものでした。家に帰ってからも、思い出しては嘆息の日々・・。
そしたらナント数日後、予想しなかった臨時収入が! 早速そのお店に連絡してみたところ、私のことを覚えていてくださいました。運よくまだ売れておらず、買うことができたのです♪♪

そんなわけでついにうちにやってきた、ふくろう付きの電気スタンド!
c0163838_0175370.jpg
ランプシェード内の大きな電灯を消すと、下のふくろうがぼんやり灯るのです!
c0163838_020812.jpg
このふくろうを見ていると、なぜだかすごく眠くなってきます・・・
c0163838_0222260.jpg
今までどんな人たちがこのふくろうをながめながら眠ったんだろうなあ。私も大事に使って、次の人に譲りたいです。

お金という数字を自分の好きなものと交換できる瞬間って、なんというかすごくよいものです。仲を取り持ってくれる「お店」には敬意を示さなきゃといつも思います。
[PR]
by teneacco | 2008-11-18 00:35

マルコには悪いことしたなって思っています

あれはいくつくらいのことだったか、テレビで「母をたずねて三千里」というアニメをやってて、私は熱心に観ていたもんでした。イタリアの経済破綻、しゃれにならない失業率、蔓延する鬱々としたムード・・なんかにはちっとも気づかずに、幼きマルコが家計を助けるためにはじめた「牛乳瓶の中を洗う仕事」にココロつかまれ、「わたし将来、牛乳瓶を洗う人になりたい!」と宣言し、親をがっかりさせたものです。

しかし毎回観ているうち、なかなか母親に会えないことにイライラしはじめ、メキシコかどっかでなんとお母さんとマルコが上り下りの電車ですれ違ったりするあざとい演出に堪忍袋の緒が切れて、「テレビ局のひとたち、最後まで観させるために最終回まで絶対マルコとお母さんを会わせないつもりなんだ! もう知るかー!」と、途中で観るのをバッタリやめてしまったんです・・。

今考えても、なんて短気な・・。過程を味わうなんて情緒を持ち合わせていなかったんですね。だからマルコがお母さんに会えたんだかどうなんだか知らないのです。そのことは、のどに刺さった小骨のように気にかかっていました。短気をおこしそうになるたびに、ロバに乗ってアルゼンチンをひたすら目指したマルコの真剣な顔が脳裏をよぎるのです。

そんな私に朗報が! 12月に「母をたずねて三千里万歩計」というものが発売になるらしいんです!! 三千里歩かないと、マルコがお母さんに会えずにだんだん悲しむという設定。私は歩きますよ。マルコをお母さんに会わせるために! 
でも三千里って何キロくらい? イタリアから南米まで船だったけど、その分も歩くの?
c0163838_2126884.jpg

[PR]
by teneacco | 2008-11-11 21:29

12年目にして・・

今日急に寒くなりました。もっこもこに着ぶくれした私は、朝早くからある場所に急行! 西荻のまちに住んで12年、はじめて「西荻骨董好きまつり」なるイベントに行ってみたのです。会場は坂の途中に建つ古ーーい木造の公共施設「井荻会館」。こんな建物の中で骨董市だなんて、はまりすぎてて映画のロケみたい・・。すばらしいものステキなものかわいいものが所狭しと並んでましたが、値段が立派でとても手が出ません。ひたすら見て回り、目に肥やしを与えました! 唯一私にも買えた戦利品がこれ! 300円の犬の根付けです。
c0163838_0391939.jpg
私は、この犬のモデルは円山応挙のやつにちがいないとひそかに思っています・・。
c0163838_041214.jpg

[PR]
by teneacco | 2008-11-09 00:44

今週金曜日、ライブに出ますー。

今週の金曜日、渋谷の宮益坂にある渋谷HOME[リンク]というライブハウスに出ます。
open18:30 start19:00   advance2000円 door2500円(+1drink)
出演・・itoken trio/たゆたう(from京都)/波多野敦子+一柳敦子/太田真由美+下田敦

10月の演奏会でもご一緒したバイオリンの波多野さんとのデュオです(出番は2番目)。この2人、じつは同じなまえ! アツコズなのです。そのせいなのか結構うまのあった音になっています。是非おいで下さい。お待ちしています!

今日水曜日、我が家でリハーサル後、もはやリハとどっちがメインかあやしくなってきた晩ご飯作りにも全力投球。およそ「手早く炒める」的な料理をしない(できない)私にかわって、はたのシェフが華麗なる中華鍋さばきを見せてくれました。はやすぎて写真がぶれてる・・
c0163838_0153472.jpg
できた料理は、イカと謎の野菜ヤーコンの花椒炒め。おいしかったですライブがんばります。
[PR]
by teneacco | 2008-11-06 00:22

自主映画用のレコーディングに参加しました

ニュートレドの竹田さんに声をかけていただき、ある自主製作映画のための音楽録音に参加しました! 7人での一発撮りなんてはじめての体験ですし、メンバーもお初にお目にかかる方が多くて、緊張したのなんの・・。でも演奏中は全体のハーモニーにうっとりしてホント気持ちがよかったです。コントラバス、チェロ、ヴァイオリン、トロンボーン、トランペット、フルート、そしてアコーディオンで、一斉に曲に乗り込んだ瞬間のしあわせ。オーケストラの一員になった気分を味わいました。
このところ続いた波多野さんとのライブや竹田さんとの録音やソロ演奏会などで、おぼろげながら自分というアコーディオン弾きの姿が見えてきた気がします。とまどいつつ右往左往しているの像。できるようにならねばいかんことの多さよ!
[PR]
by teneacco | 2008-11-01 23:58