<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

季節の変わり目

ここ最近、やらねばいけないことがたくさんあっても「ま、一休み」が多くて前に進まず、ヒマを見つけては居眠りをして、起きていたってボーーッとし・・。
自分がダメ人間になっちゃったかと思いそうですが、私は知っているのです、ダメ人間になったわけじゃないのです。秋になったから体が秋冬仕様に組み替えられている最中なのです。
c0163838_239446.jpg

[PR]
by teneacco | 2008-09-27 02:40

初!観劇体験

先日、わたくし人生においてはじめて「観劇」なるものをしてきました!!
小劇団の公演は何度か観に行ったことありますが、いわゆる「商業演劇」は初体験です。場所は人形町にある明治座、演目は「大川わたり」(山本一力原作)、そして、えーと、なぜ観に行ったかというとですね、主演が筒井道隆さんだからなんです・・。昔から好きなのです。しかも江戸情話というこれまた私が大好きなジャンル! でもそれだけなら私も観に行きませんよ。あまりに縁がない世界だしチケット高いし。しかし神田に用事で出かけたとき、道すがらの小さいチケット屋の窓に「大川わたり激安券あります」とあったものですから・・!
c0163838_22195315.jpg
・・誰に向かって言い訳しているのかわかりませんが、とにかく楽しかったです。もう観客の観察から面白い。平均年齢60〜70、老夫婦や親子(中年の娘+年老いた母)などが多く、みなさん競い合うようにおしゃれしてきてる! どこでそんなキラキラした服を買うのだろう?(答えは10分後にわかりました)。どうやら演目によって見に来たというより、毎月の明治座公演を楽しみに「劇場に通っている」方が大半のように見受けられました。
ロビーでは雷おこしや人形焼、琥珀のアクセサリー、一刀彫、「大川わたり」と焼き印が押された瓦せんべいなどが物産展なみに出店を並べています。そして・・なぜかキラキラした洋服がたっくさん売られているのです! そう、ここで購入した服を着てきている方もいるんでしょうね。じっさい幕間の休憩時間にも、洋服販売ブースには人が群がっていました!

休憩時間、ロビーのベンチでの老夫婦の会話
「あの親分はなんで銀次をゆるしたんだ?」
「だから、親分は銀次さんの心意気を気に入ったんですよ」
「じゃああの芸者さんみたいなのはなんで死んだ?」
「だから、それは芸者さんが悪い手下にだまされたんですよ」
「じゃああの黄色い着物着た娘はなんなんだ」
「だから、あれは銀次さんに思いを寄せている女中さんですよ」
・・・ゆっくりおだやかに、老夫婦の会話は続きます。

幕間お食事の時間、お隣はおじいさん2人組
「銀次はどうなりますかなあ・・」
「幸せになってほしいですなあ」
「続きが気になりますなあ・・」
「気になりますなあ」

初めての明治座観劇の感想は、「場がいいなー」でした。
[PR]
by teneacco | 2008-09-24 22:56

公共施設ばんざい

最近のおんがく練習場所には、公共施設のピアノ室やオルガン室をよく使っています。なんだか○○地域センターや○○福祉会館などの公共施設って、平日だろうが休日だろうが昼でも夜でも、いっつものどかなのです。ロビーでは碁盤をにらんでうなっているおじいさん、詩吟の会が始まるのをおしゃべりしながら待っているおばさん方・・シビアな厳しい練習にくたびれても(してませんけどねそんな練習)、一歩スタジオの外に出れば町内会の寄り合いのようなのんびりムード。使いはじめて気づきましたが、合ってます、私に。

今日は荻窪地域センターでTene-Guit練でしたが、ちょこちょこ紙コップコーヒー飲んだり卓球サークルのぞいたりして、長丁場も煮詰まることなく過ごせました。で、よく使うサークルや教室は専用のロッカーを持っているのですが、これ!このサークル気になります!! 
c0163838_041223.jpg
METAL専用・・すっごいファルセットが聴こえてきそうな・・。
[PR]
by teneacco | 2008-09-22 00:46

農場だより タネのお墓

ねぎ・大根・パクチーなどもすくすくと育ち、冬ごもりの準備がととのいつつあります。
道ばたで採取してフィルムケースに入れたまま2年間も冷蔵庫の奥に入れっぱなしになってた「コバンソウ」の種をダメモトで蒔いてみたら、なんと芽が出てびっくり!! すごいな植物は!
c0163838_0572437.jpg
そしてこちらは、採取しといたタネを蒔いたもののいつまでも何も出てこず、名前プレートが墓碑のように並ぶだけの悲しいコーナー。この秋に善福寺公園で拾ったトチの実、郷里の祖母の庭から採ってきたソテツの実、食べたリンゴから出てきたタネ、などなどです。
c0163838_14174.jpg

[PR]
by teneacco | 2008-09-20 01:06

ちゃん くん さん

商品名に「○○ちゃん」とか「○○くん」とか、そういうのが(敬称?)付いているものが気になります! 「マロニーちゃん」「ふえるわかめちゃん」「激おちくん」「きちんとさん」etc・・。そして本日強力な「くんもの」を発見!
c0163838_232756100.jpg
カンタン包丁研ぎ器「とぎくん」・・このシンプルさ、一応「くん」は付いてるものの、もはや親しみやすさというより、あだ名で呼んでもらえない四角四面な性格のクラスメイトのような感じです。
まだまだ埋もれている「くんちゃんもの」を追い求め、私のスーパー陳列台行脚は続きます。
あ、「Mr.もの」ってジャンルもあるな! 
[PR]
by teneacco | 2008-09-17 23:46

だんだんまるくなる方向で

先日14日は中秋の名月でした。残念なことに曇りがちな夜空で、月はたまに雲の隙間から顔をのぞかせるくらいでしたが、その瞬間陽が差したかと思うくらい明るい! さすが満月はひと味違います。月があまり拝めないので、まるいものをたくさん用意してみました。まずは月にちなんで月餅。近所の西友で見つけました。食べるのが惜しいくらいのかわいいデザイン!
c0163838_1422750.jpg
そして同じく西友のお花屋さんで、まんまるい月のような菊(ピンポン菊というそうです)とすすきを買いました。こうやって見ると、夜空に満月が浮かんでいるようじゃありませんか〜
c0163838_14252079.jpg

童謡「月」
1 出た出た月が まるいまるい まんまるい
  盆のような月が

2 かくれた月が くろいくろい まっくろい
  墨のような雲に

3 また出た月が まるいまるい まんまるい
  盆のような月が

歌詞を読むと、思いつきで歌っているような即興感を感じます。・・へんな歌・・
[PR]
by teneacco | 2008-09-16 14:46

実はうすく気にしていたのです・・

先日、来年の夏まで用に、みょうが1年分の酢漬けを作りました。私は本当に心からみょうがが好きなのです。海に向かって何か叫べと言われたら「みょうがが好きだー!」と叫びます。
c0163838_22462537.jpg
今時期になると、名残のみょうがが袋詰めで安く出回ります。たまに行く八百屋さんで大量のみょうがをレジに持っていったら、八百屋のおやじさんが「こんなにみょうがどうするの!」と訊いてきました。以下やりとりです。

「どうって、来年までいつでもみょうがが食べられるように酢漬けにするんです」
「酢漬けったっていくらなんでも多すぎないかい?」
「いやたぶんこれで春までもたないくらいですよ。私、ほんとに食べるんで!」
「みょうが食べ過ぎると・・バカになるっていうよ?」(小声で)
「あ、それずっと気にしてはいるんですけど、ホントのとこどうなんですかねえ」
「物忘れしやすくなるって、昔から言うじゃない。こんな食べたらあんた・・」
「でも私、こんなに食べ続けてもう何年も経ちますし、大丈夫だと思いますよっ!」

帰って酢漬けを作りながら、花粉症のようにある日突然みょうが病が発症したらどうしようと不安になってきたので、ウィキペディアで調べましたところ、【みょうがと物忘れに関する俗説に医学的根拠はない】と出ました! よかった!! ついでに熊本に「みょうがまんじゅう」というお菓子があることも知りました。
たいへんだ熊本物産館にいかなくちゃ!
[PR]
by teneacco | 2008-09-15 23:20

月の下は美人だらけ

友人からの情報で、今夜近所でひっそり開催されているという「月下美人祭り」に行ってきました。けっこう遠くまで漂ってくる月下美人の花の強い芳香に誘われ、迷うことなく住宅街の中の歯医者さんへ。
c0163838_0285454.jpg
この「月下美人祭り」とは、まちの歯医者さんが趣味で育てている月下美人16鉢(!)の一斉開花を、近所の皆さんで愛でようというイベント。
c0163838_033299.jpg
こんな怖いほど美しい花がたった一晩でしぼんでしまうなんて・・。三々五々集まる見物客にお茶までふるまいながら、歯医者さんは月下美人のすばらしさを熱く熱く語っていました。
c0163838_0365712.jpg
帰って寝っ転がると、窓の外にまるいお月さま! ほんとに月の下に咲いたんだなぁ。・・なんだか夢を見てるっぽい、現実感の薄い不思議な夜でした。
[PR]
by teneacco | 2008-09-13 00:43

台所の新しいなかま

この両手にすっぽり入る小型のかわいいお釜は、実は二重ステンレスの保温調理鍋なのです!「カマルゴ」と名付けました。 
c0163838_1626273.jpg
正式名称は「おかゆ釜」。一人分のおかゆが、生米と熱湯を入れておくだけで作れるんです!昨日は温泉卵、今日はお汁粉(これは小鍋ですこし火を通したのち保温調理)を作りました。両方とも大成功〜〜! 友だちのうちに遊び行くときに、お汁粉や甘酒をあたたかいまま運べるのです! 
自分の誕生日記念に買いました(気づけばバカボンのパパと同じ歳・・)。そういえば去年の誕生日には厚手の片手鍋を買ったなあ。大した料理なんぞ作らなくせに、台所用品に目がない私でした。
[PR]
by teneacco | 2008-09-11 16:35

栗ごはん解禁!

一日50回くらい「秋ってなんでこんなにいいんだろう・・!!」と思っているこのごろです。今日お客さんにも手伝わせて、今年初めての栗ごはんを作りました。あー、すずしいしおいしいし葉っぱとかきれいになるし、秋はすばらしい! お礼が言いたい!!
c0163838_2253510.jpg
         写真はもみじのような金魚たち(上野の観賞魚店にて)
[PR]
by teneacco | 2008-09-10 22:09